puri * puri (埼玉の木で家を建てました)

家族、趣味、マイホームの事 気ままにupしていきます




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




引渡し :: 2011/09/20(Tue)
昨日、引渡しをしました。
泣いても笑っても、とうとうこの日が来ちゃいました。。。

設計士の大沢さん、小野さん、大工の棟梁に息子の関根さん、そして電気屋さんが
我家に集まってくれました。

引渡しは・・・書類にハンコを押して家の鍵を貰って終了。
はい、これだけなんです。
もっと仰々しくやるのかと思ったらあっさり・・・。
私は子供達の世話をしていたので、またしても世紀の瞬間の逃してしまった

その後は、設計士さんと大工さんが室内などを写真撮影。
IMG_7334[1]

設計士さんのhpにいつか我家が載ることでしょう・・・。

今まで、お世話になったので皆さんでお寿司を食べました。
すし[1]
お別れする寂しさの余り、お寿司の味よくわかりませんでした。

旦那の顔が見えちゃたのでチョッキン。

IMG_7338[1]
最後に、大沢さんが我家の一番太い梁に ジュッって焼印をしてくれました。

IMG_7340[1]
見えますか?って見せませんね・・・決して木の節ではありません。
ちゃんと 「西川」と焼印がされています。
西川・・・我家の梁などは 埼玉の西川材(飯能の木)を使用しています。
タイトルにもなっていますが、埼玉県の木が沢山使われているんです。
もち、他県の岩手や青森などの木も使ってます。

その西川材から焼印をお借りしてきてくれたそうで、記念にやってもらいました。
旦那は、節も全くない綺麗な梁に焼印するなんて・・・とその場から姿を消しました(笑)

あっという間に引渡しが終わり最後に玄関で記念撮影。
3月11日の地鎮祭以来の記念撮影です。


大沢さんと出遭って早2年と10ヶ月・・・
私はその前からhpやブログをチェックしていたので、もう直ぐ4年目になろうとしています。
偶然「木の家」でヒットしたhpがきっかけで、出遭った設計士さん。

偶然が重なり大工さんは関根さんに依頼。

何度も何度も、打ち合わせをし設計費以上の事をやっていただきました。
大工さんは要望した以上の仕事をしていただきました。


その他にも数多くの職人さんの手によって、我家が出来上がりました。
お金を払うのは私達。でも、職人さんが一生懸命やってくれたからこそ
この、素敵な家が出来たんだと思います。

そんな方々に恥じぬよう、ずっとずっと大切にすみ続けていこうと思います。

家族ぐるみのように付き合っていただいた、設計士さんと大工さん
本当に今までありがとうございました。

産地が明確な木を使い、信頼できる職人さんたちに
作ってもらえた事に感謝の気持ちで一杯です。

半年間、とっても楽しかった!!!

次回は、内覧会?でもupしましょうかね。

IMG_6539[1]

設計管理 (有)コウ設計工房

IMG_6559[1]

大工  関根建築
スポンサーサイト


テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

  1. 家のこと
  2. | comment:0



<<引っ越しました | top | 完成、そして最後の日>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。