puri * puri (埼玉の木で家を建てました)

家族、趣味、マイホームの事 気ままにupしていきます




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




椀かご :: 2011/08/27(Sat)
髪の毛をカットし家族からヘルメット呼ばれされている、とがさちです

 今日、待ちに待った 三上幸男さんの椀かご が届きました。
カゴアミドリ さんで購入。

IMG_7172[1]

欲しくて、欲しくて、欲しくて ずっと探していた 椀かご。
このかごは青森県の弘前の工房で作られた物。

竹は岩木山麓、八甲田山で取れる根曲竹で出来ているそう。

三上さんもともとは リンゴを入れるかごを作っていて時代と共に
この椀かごや、脱衣かご、ビールかごなども作るようになったとか。
勿論、いまでもリンゴのかごも作ってます。

IMG_7173[3]

大きさは 幅 30cm 奥行き 20 高さ15 
綺麗な網目にうっとり・・・。
一つ一つ手仕事で、丁寧に作られています。

IMG_7174[1]

濡れたお茶わんを入れても上底になっているので水切れにぴったり。

IMG_7176[1]

真上から撮ってみました。
お茶わん、重ねれば4人分入ります。
まだ、余裕があるのでお皿もOKかな。


新しいお家のキッチン・・リビングから丸見えになるので洗ったお茶わんの
一時置く場所に困っていたの。

普通のステンレスじゃ、ちょっと見せたくない。
けど、竹かごなら見えてもいいんじゃない?。

洗ったお茶わん、見えて結構!!どうぞ見てください!って感じ。開き直り。
布巾でもかけておけば、ちょっとしたインテリアにもなるんじゃないかな~と。

あ、でも水がずっと付いているとさすがの竹もカビるので、さっとお茶わん拭いて食器棚へ。
かごは、風通しのいいところで乾かします。

三上さんが、一生懸命作った竹かご。
大切にいつまでも使っていこうと思います。
因みに、手作りのため、なかなか手に入らない。
ネットで探しても殆ど品切れです。


三上さん、これからも素晴らしい竹かご作っていって欲しいなぁ~


次は脱衣かごが欲しい とがさちでした。
スポンサーサイト


  1. 暮らしの道具
  2. | comment:0



<<夏休み最後の日 | top | 漆喰>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。