puri * puri (埼玉の木で家を建てました)

家族、趣味、マイホームの事 気ままにupしていきます




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




無垢の杉板 :: 2011/06/14(Tue)
先日、大工の関根さんからフローリングの切れ端を頂きました!
IMG_6575[1] IMG_6574[1]

こちら、2階の床、フローリングに張ってある無垢の杉板です。
厚さは40mm(4cm)かなり分厚いです。
杉のいいところは、暖かいということ。真冬素足で歩いても冷たさを感じません。
デメリットは・・・キズがつきやすいところでしょうか?

凹 凸の部分にはめ込んでつなげていきます。

写真左が床の上(歩く面)、右の赤みのあるのが裏になります。
年輪の向きが違うのが分かりますね。

なぜ、この向きかと申しますと、
フローリングは乾燥すると、年輪に逆らってソリます。
そうすると、裏の面の表面がめくれてきて歩くととげが刺さるんだって。

なので、フローリングは年輪の中心が下になるように張るんだそうです。
うまく説明できないんだけど木って本当に奥が深い。

大工さんや、設計さんとお話をしていると木の事やお家の造りに付いて
教えてくれて勉強になります。
たまに、難しくなると右から左へ~に抜けていきます (笑)

因みに1階の床は檜の無垢材を張ります。
床暖をするので、かなりのソリと隙間ができることでしょう。
これも、天然の木ならではの事。
なんだか、楽しみ!


さて、お家に持ち帰った杉板ですが、
子供達は大喜び!

おままごとキッチンの仲間入りをしました。

贅沢なまな板です。

IMG_6569[1]

新居へ引っ越すまで封印するはずのキッチンですが、我慢できずオープン!
おままごとに使うなんて勿体無いぐらいです。

関根さんありがとうございました






スポンサーサイト


テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

  1. 家のこと
  2. | comment:0



<<えんぴつ | top | 羽化したよ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。