puri * puri (埼玉の木で家を建てました)

家族、趣味、マイホームの事 気ままにupしていきます




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




青ヒバ :: 2011/08/31(Wed)
先日、青ヒバの桶と椅子が届きました。

私も旦那もヒバがすき。
新しい家は洗面所とトイレに青ヒバを使ってます。
お風呂は、残念ながらユニットなので椅子と桶だけでもヒバにしようと購入しました。


IMG_7186[1]


IMG_7185[1]

桶は岩手の桶職人さんにお願いして作ってもらっているそう。
こちら青森県の「わいどの木」さんで購入しました。


こだわった、青ヒバの洗面所とトイレ
洗面所は天井以外、全て青ヒバをびっちり張ってります。
IMG_7041[1]

トイレは腰壁。
IMG_6926[1]

近くに行くと、ヒバのいい香りがします。
あ~贅沢 

ヒバは抗菌、防臭、水につよい(カビない)と良いことずくし。
桶と椅子お風呂で使うのが楽しみ~。




スポンサーサイト

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

  1. 暮らしの道具
  2. | comment:0




板選び :: 2011/08/30(Tue)
今週の4日に見学会があるというのに、台風が接近中。
ちょっと心配なとがさちです。

昨日、新居で使うテーブルの板を選びに、埼玉県の飯能市にあるグリーンスマイルさんへ行ってきました
IMG_7242[1]

こちら、埼玉県の西川材・埼玉県産材・国産材使用などを加工し販売している所。

我家の家の柱、フローリング、建具、洗面所の青ヒバ、玄関のカマチなどはグリーンスマイルさんにお願いして
加工してもらいました。
4月に建具の板材を選んだ以来の訪問。

今回、リビングに置くローテーブルを作ってもらいたく、板を選ばせて貰いました。
沢山ある板の中から、細田さんが「これなんかいいんじゃない?」なんて色々見せてくれました。

IMG_7245[1]

フォークリフトで沢山の板をどかして、見せてくれたのが ↓コチラ
IMG_7249[1]

はい!イタヤカエデ です。
岩手県から来たそうです。

イタヤカエデといえば・・・秋田県角館の工芸品にもなっている イタヤ細工が有名ですね。
イタヤをスライスして編むと、こんな素敵なかごに。
itaya01.jpg
↑お写真借り物です。

実は・・・物凄い欲しかった!
イタヤ細工とてもステキでいつか欲しい・・と思っていた矢先に
なんと、なんとグリーンスマイルさんで イタヤカエデに出会ってしまった。

もう、即決!運命です(笑)
嬉しすぎて、グリーンスマイルの細田さんに 「これで作ってください!」と直ぐにお願いしました。
今回は主人も、素直に受け入れてくれてもめずに済んだの良かった良かった。


イタヤは乾燥すると真ん中にヒビが入るそうで、両脇のいいところをカットし、つなぎ合わせて
一枚の板に仕上げるそう。
なので、4枚あるうちの何枚かを使い一つのテーブルに仕上げるそうです。
なんて、贅沢なんだろう。

IMG_7251[1]

その場で少し削ってもらいました。
なんていうんだろう、光沢がある感じ?とても綺麗な木目でした。

9月中に引越するので、細田さんに無理を言って9月末までに仕上げてくださいとお願いしてきました。
さ~どんなテーブルにしあがるんでしょうか!
とっても楽しみです。

最後は、飯能の山を見ながらスイカを頂き雑談。楽しいひと時を過ごさせていただきました。
細田さん、テーブル宜しくお願いします!

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

  1. 建具
  2. | comment:0




夏休み最後の日 :: 2011/08/29(Mon)
長女の学校は今日が新学期。

今朝、宿題が終わりました
せめて、前日にしてくれ・・・・。

夏休み最後の日、立川の諏訪神社のお祭りに行ってきました。

と、行ってもフラフェスタに参加。

長女は1年生のときからフラを習っているんです。
なので、今回のステージで踊らせていただきました。

ふぇす[4]

ステージど真ん中で堂々と踊っています。
夏休み、ずっと練習していてやる気なし。何度「やめちまえーーーー」って怒ったことか。

心配をよそに
彼女、本番に強いのか余裕で踊ってました。


fess[3]

このお揃いの衣装は、お母さん達が作成。
私も頑張りました。
1月に生地を購入し、出来上がったのは先週。

あはは。子供の宿題の事いえません。土壇場にならないとやる気しないんです ハイ。

一生懸命笑顔で踊れた彼女に沢山の拍手を送りました。
夏休み最後の日に素敵なイベントに参加できてよかったね。

因みに去年は、あのTDLのシンデレラ城の前で躍らせていただきました。
今年は震災で中止。
来年は参加できるといいな~。



テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

  1. 長女のこと
  2. | comment:2




椀かご :: 2011/08/27(Sat)
髪の毛をカットし家族からヘルメット呼ばれされている、とがさちです

 今日、待ちに待った 三上幸男さんの椀かご が届きました。
カゴアミドリ さんで購入。

IMG_7172[1]

欲しくて、欲しくて、欲しくて ずっと探していた 椀かご。
このかごは青森県の弘前の工房で作られた物。

竹は岩木山麓、八甲田山で取れる根曲竹で出来ているそう。

三上さんもともとは リンゴを入れるかごを作っていて時代と共に
この椀かごや、脱衣かご、ビールかごなども作るようになったとか。
勿論、いまでもリンゴのかごも作ってます。

IMG_7173[3]

大きさは 幅 30cm 奥行き 20 高さ15 
綺麗な網目にうっとり・・・。
一つ一つ手仕事で、丁寧に作られています。

IMG_7174[1]

濡れたお茶わんを入れても上底になっているので水切れにぴったり。

IMG_7176[1]

真上から撮ってみました。
お茶わん、重ねれば4人分入ります。
まだ、余裕があるのでお皿もOKかな。


新しいお家のキッチン・・リビングから丸見えになるので洗ったお茶わんの
一時置く場所に困っていたの。

普通のステンレスじゃ、ちょっと見せたくない。
けど、竹かごなら見えてもいいんじゃない?。

洗ったお茶わん、見えて結構!!どうぞ見てください!って感じ。開き直り。
布巾でもかけておけば、ちょっとしたインテリアにもなるんじゃないかな~と。

あ、でも水がずっと付いているとさすがの竹もカビるので、さっとお茶わん拭いて食器棚へ。
かごは、風通しのいいところで乾かします。

三上さんが、一生懸命作った竹かご。
大切にいつまでも使っていこうと思います。
因みに、手作りのため、なかなか手に入らない。
ネットで探しても殆ど品切れです。


三上さん、これからも素晴らしい竹かご作っていって欲しいなぁ~


次は脱衣かごが欲しい とがさちでした。


  1. 暮らしの道具
  2. | comment:0




漆喰 :: 2011/08/23(Tue)
あぐらを掻いたら、足の筋を痛めて足を引きずっているとがさちです。

外科に行き、レントゲン撮って2500円も取られた。
給料前の厳しい時に・・・泣きそう。


 さて、外壁の記事をUPしましたが、今回は室内。

とがさち念願の漆喰。
これ壁に直ぐ塗るのかと思ったら、大工さんが木に漆喰が染みこまない様に
刷毛でワックス?見たいなものを一生懸命塗ってました。
下のようのな細いところに塗ってはふき取り・・・の繰り返し。
IMG_6930[1]

そして、下地を塗って乾いたら漆喰を塗っていきます。

IMG_7121[1]
左官屋さん、脚立を登って黙々と塗っています。
簡単そうに見えるけど、実際やってみると全然塗れない!
ボテッと漆喰が壁から落ちる・・・。by経験者。

漆喰の色って白だけだと思ったら、クリーム色など種類も豊富。
我家は、どちらかというと白。
真っ白な漆喰に カラシ色の絵の具のようなものを10グラムづつ足していって色を作っていくそう。
カラシのグラムが増えるほど、クリーム系に。



IMG_7122[1] IMG_7120[1]


私のリクエストした丸窓も綺麗にまん丸。
どうやって丸く塗っていったのか見てないので分かりませんが、きっと大変だったでしょうね。
余談だけど、こういうところに埃ってたまりやすいんだよね・・・。
どうやって掃除しようか・・・雑巾でふけないよねぇ漆喰って。

IMG_7117[1]

↑これが漆喰。少し繊維っぽいものが交ざっているような。
かなりねっとりしていて、重たい。

IMG_7143[1]

ねっとりした漆喰を取り分け水を足し、でっかいミキサーで混ぜていきます。
子供達、生クリームみたーいって。
かなり見入ってます。

白く綺麗に塗られた部屋を見ると、漆喰にして良かったな~って思う。
クロスもいいけど、自然素材の漆喰は絶対におススメですよ!



テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

  1. 左官
  2. | comment:0




取れた! :: 2011/08/22(Mon)
旦那が青森から帰ってきた。大量のお土産を抱えて・・・。

先週、旦那が青森へ行っている間に子供と3人で サンシャイン60の水族館へ行って来たよ。
IMG_7071[1] IMG_7084[1]


夏休みともあって、人、人、人。9時半に到着したのにも関わらず、エレベータに乗るのに30分も待たされた


子供達は魚を見ては、大喜びし水槽にへばりつき離れない。
でも、何故かくらげを見て逃げ出した 「き、気持ち悪い~」ってさ。


私は・・・イワシの水槽をイケスにしか見えず
     高足ガニを見て、「おいしそう~」
     イカを見ては・・・青森でイカ刺しを食べている旦那を思い出して ムカっ。

水族館の楽しみ方を完全に間違えてますね。。。


さて、話は変わりお家の話。

とうとう 足場が外れました!!!

IMG_7132_1[1]

ジャジャーン! すーーーーっきりっ

編集


初の真正面の写真。

大工の関根さんがカメラで撮影してくれました。
道幅が狭いため正面からの撮影は、ほぼ不可能。

見えますか? ガラスに映ってますね。
腕を上げて頑張って撮影してくれた関根さんありがとう ^^

今現在、左官屋さんが室内の漆喰を塗ってくれています。
今日、青森のお土産を持って現場へ行ってみようかな。


テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

  1. 家のこと
  2. | comment:0




外壁 :: 2011/08/17(Wed)
お久しぶりでございます。

先週の水曜日、中国へ一ヶ月も出張に行っていた旦那が帰ってきた。
家の中のサイクルが狂いに狂ってブログどころでは無かった~。

そして今日、私と子供を置いて旦那は両親と共に彼らの田舎である
山形と青森に行きましたとさっ。チッ

この夏休み殆ど私が育児をし、一人になる時間もなかった。
家が出来上がるというのに一週間も家を空けるなんて何考えてるのか全く理解できません。

ま、そうは言っても本家のお墓参りだから仕方なく、ヨメである私に「行くなと」言う権限ま全く無い

一緒に行くと気を使い、体力を使い金を使うので留守番が一番かもしれない。


さ、愚痴はこの辺にして(結構スッキリ)お家のお話。

室内の工事は、終わりに近づき(建具のみ)
外壁の作業も終わりました。

IMG_6975[1]

ちらっと見えますね?

今回私が選んだのは「割り肌」という塗り方。
これ、結構難しいらしく、ムラが無いように塗らなければならないんだとか。
クレームも多く左官屋さん泣かせ?だそう。

IMG_6971[1]

分かります? 
殆どまっ平ら。小さなツブツブが壁に塗りこまれているんですが肉眼だと
かなり近くまで寄らないと分かりません。
カメラレンズにマクロ機能が付いていないのでこれが限界。
遠くから見ると、のっぺりとした感じ。
左官屋さん、綺麗に塗ってくれました。

私はシンプルで好き。やっぱり旦那の意見聞かなく良かったわ~。

IMG_6970[2]

左官屋さん暑い中、ご苦労さまでした。
手作業って感じがたまらなく好きです。


今現在は、大工さんが建具(机や下駄箱)を作り、左官屋さんが室内の漆喰の下地を塗っています。

完成は9月の上旬ごろ。
現場見学会は9月の4日だそうです。

私は、唐紙の色や照明、ロールカーテンなど決めています。
旦那が居ない間に決めてやる

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

  1. 左官
  2. | comment:0




キッチン :: 2011/08/12(Fri)
最近、ずっと忙しくてブログupが出来なかった~。
親戚の子が泊まりに来ていてバタバタ~。

さて、先週やっとキッチンが入りました。

TOTOのキッチン。

IMG_6937[1]

もくもくと職人さんが取り付けていました。


IMG_6934[1]
念願のガスオーブン。44Lタイプ。

IMG_6936[1]

職人さん取り説を見ながら、キッチンにセット。

ふと気付いたんだけど、誰がこのオーブンとコンロの説明をしてくれるんだろうか?
これ・・・私使いこなせるのかちょっと不安。


ずっとずっと、キッチンの設置を見ていたかったけどお昼になったので撤収。
次の日、現場へ行ったらキッチンのダンボールが乗っかっていて見れなかった。残念。

あーーーーーーーーーーーっ
子供がPCの回りで騒いでてこれ以上書けない

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

  1. バス・キッチン・トイレ
  2. | comment:0




継ぎ手 :: 2011/08/04(Thu)
今日は我家の構造、そう継ぎ手についてちょびっとお話。

大沢さんの設計するお家は大抵、継ぎ手という技法を使って建てているんですね。



t0801p11.jpg


↑は追っ掛け大栓継ぎ(おっかけだいせんつぎ)という継ぎ手。とがさちのお家はこの、追っ掛け・・・で梁と梁が繋がれています。

図、掛けないから、どこかのhpから拝借。

この継ぎ手は二つの木(梁や柱、桁)をつなぎ合わせる時に使います。
長い梁などを使う時に継ぎ手をすると、強度が増すんです。

このほかにも金輪継ぎ(かなわつぎ)や台持ち継ぎ(だいもちつぎ、)など、一般人の私達は
全く耳にしない継ぎ手が一杯あります。
勿論、大工さんも知らない継ぎ手が沢山あるそう。

とがさちの家はプレカット(機械)でこれを刻んでもらいましたが、時間とお金に余裕のある方は
大工さんの手刻みで加工してもらえます。

形が複雑になればなるほど、プレカットでは不可能になり、大工さんの手刻みになるんです。
ノミで削り、この複雑な形にしていきます。

我家を建ててくれている関根建築さんも手刻みでやってくれるそう。
昔の人たちは、十分な道具もなくノミなどでこれを作ったんだから凄いよね。

残念ながら最近の住宅では余り見かけないないそうです。
これが出来る大工さんも少なくなっているんだとか。


IMG_6534[1]


とがさちの家はこんな感じで繋がっています。丸いのが込み栓。
大工さんに伺ったところ 約16箇所 継ぎ手がしてあるそう。
昔の人が考えた技法をこれからも、作り続けていって欲しいものです。

因みに、今の仮住まいの家(築46年)の平屋の木造も、追っ掛け大栓継ぎが使われています。








テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

  1. 構造
  2. | comment:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。