puri * puri (埼玉の木で家を建てました)

家族、趣味、マイホームの事 気ままにupしていきます




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




打ち合わせ :: 2011/06/29(Wed)
日曜日、わざわざ設計士さんと大工さんが現場へ来てくれて、打ち合わせをしました。

IMG_6651[1]

遠くに居るのは、我家の娘達と大工さんのお子さん。
打ち合わせするので、連れてきてくれました。
歳も近いので、打ち合わせの間はシール交換などして遊んでました。

さて、今回は外壁の打ち合わせ。
我家は、吹き付けではなく 左官仕上げ。コテで塗ってもらいます。
かなり前から、色と仕上げを検討していたんだけど
もーなかなか決まらなくて大変だった。
旦那と好みが合わず、今回初めてこれで旦那と喧嘩したぐらい


一応4種類の色を選らび(旦那と私2種類ずつ)サンプルを作ってもらいます。
それを見て決定するんだけどきっと、また悩むんだろうなぁ~。喧嘩するんだろうなぁ~

さて、打ち合わせの前にサラッと家の中を見せてもらいました。
2階のフローリングも全て張られたので、ハシゴで2階へ。(階段は最後につくそうです)

IMG_6639[1]
西側の寝室 6畳(和室)
隣に家が建っているので、窓の位置を高くして視界を遮ってます。

IMG_6640[1]
こちらは東側にある子供部屋。(10畳)
将来は2分割できるようにしてもらったよ。
そして、子供には内緒のお部屋が・・・
設計士さんの計らいで、梁の上にプチロフトを作ってもらいました。
高さは50センチぐらしかないんだけど、子供ってこういうの好きだよね~。
将来は荷物置場に。


IMG_6646[1]
子供部屋の入り口。
ちょっと見えないんだけど、出入り口も2つ作ってもらいました。
そして、上に見える八角形の窓は 丸窓になります。
ロフトから やっほー出来ます。
ハイジの山小屋風?これも設計士さんが考えてくれました。きっと子供達は大喜びでしょう。
私もヤッホーしてみたい 


IMG_6643[1]
こちらは、吹き抜け。
畳3枚分ぽっかり空いてます。吹き抜けからリビングへ光が差し込むので明るいです。

IMG_6653[1]

リビングから見るとこんな感じ。天井にはファンが付きます。

今更だけど、我家は梁がとても多い。これ、どーやって掃除するんだろう。で、誰が掃除するんだ?
埃被ったまま・・・ってのはちょっとね。
設計士の大沢さんは「猫がいると梁を渡るから綺麗に掃除してくれるよ」って言ってたけど
さすがに掃除のためにネコは飼えないよなぁ~

さ、これからまた現場で打ち合わせです!冷たい飲み物でも差し入れしてあげようかな。




スポンサーサイト

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

  1. 家のこと
  2. | comment:0




暑い日には・・・ :: 2011/06/24(Fri)

毎日暑い日が続いて、とうとう扇風機を出したとがさちです。

掃除してもご飯つくっても汗ダラダラ~。

そこで汗かいたときに活躍するのが
そう、手ぬぐい!
IMG_6493_1[1]

先日、「かまわぬ」さんで手ぬぐいとナフキンを購入。

もともとてぬぐいが大好きでちょこちょこ買っては使ってるの。
汗を吸収してくれて、乾きも早い。
洗えば洗うほど、くたくたになって肌触りもよくなってくるんだよね。

私は一年中てぬぐいを使ってるけど、やっぱり手ぬぐいは夏が似合うなぁ~。


でね、手ぬぐいちょっと金額的にも高め(1000円ぐらい)
なので、サラシを購入してつくっちゃいました

IMG_6633[1]

去年、消しゴムハンコで彫ったものをポンポン押して
作ったの。
染物と違い色はぱっとしないのが残念

これとは別に、台所用にも作って活用中。

手ぬぐいおススメでーす!



テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

  1. 未分類
  2. | comment:0




:: 2011/06/20(Mon)
1週間ぶりに、現場へ行きました。

日曜日だというのに大工の関根さんが来てくれて、家の中を見せてもらいました。
DSC_1571[1]


DSC_1575[1]


2階の一部の床が張られていました。無垢の杉板です。
こちらは、階段あがってホールになります。
凄い広いホールに見えますが、左半分はトイレと収納になります。
写真上の正面は10畳の子供部屋。右側は吹き抜けとなります。

何と、殆ど節がなくて綺麗でびっくり!

DSC_1580[1]
でも、この板の裏は・・・節がありました。
1階の天井になってます。


DSC_1574[1]

2階の天井。
このまま天井がむき出しに。


DSC_1582[1]

で、屋根はこちら。
ガリバリウムで出来ています。
この屋根、ちゃんと断熱材が入っているので熱さがダイレクトに伝わってきません。

こちらの全ての写真は、関根さんがニコンの一眼レフで撮影してくれたものです。
三脚持参で撮影してくれました

関根さんお忙しい中ありがとうございました。

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

  1. 家のこと
  2. | comment:0




お手製のカトラリーケース :: 2011/06/18(Sat)
今日は久しぶりのハンドメイドのupです。

次女が幼稚園で使っているカトラリーケース(プラスチック製)が割れて壊れた・・・
ダイソーのやすっちー感じなやつね。
たった、2ヶ月で壊れちまった・・・。まさに安かろう悪かろう。
1年しか使わないからって、100円で購入したのがいけなかったのね・・・。

ちゃんとしたもの作れよ!って言いたいけど、安いものを求める消費者が悪いのかもしれない・・

なので、自宅にあったハギレでケースを作ってあげた。
ほつれることはあっても割れることは無いだろうね。

IMG_6616[1]
本など見ないで作ったので
かなり適当っす。寸法も適当・・・。

お箸、フォーク、スプーンの3点セットを入れてカバンに入るサイズに。

IMG_6624[1]

くるんと丸めて春巻き状態。
マジックテープで止めれば、簡単。

次女もきっと喜ぶだろうと思ったら・・・
「えーーーマイメロちゃんが良かった~」って
お友達も皆、キャラクターのケース使用しるらしい。
人と違うものを持つ事に抵抗を感じるなんて・・・・5歳児ってこんなもん?

人は人、あなたはあなた。個性があっていいじゃない!
と、無理やり持たせたら、先生に褒められてご満悦。なんなんだ・・・。



そして、久しぶりに 消しゴムハンコ作ってみたよ。
目、チッカチカ
IMG_6621[1]
次女の顔。似てます。 

最後に、次女に持たせているスプーンとフォーク
IMG_6543[1]

楓・・メープルで出来てます。
もっと手作りな感じのがよかったんだけど、子供ようなので仕方ないかな。
口当たりがとてもいいんだよね。熱いものをすくっても、
スプーンは熱しないので安心だね。







テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. ハンドメイド
  2. | comment:2




えんぴつ :: 2011/06/15(Wed)
長女が1年生から使っていた鉛筆がみじかくなって、使えなくなったので
鉛筆ホルダーを購入しました。

IMG_6579[1]

ドイツのリラ社の鉛筆ホルダーです。
持ち手は木製になっており、普通の鉛筆を持っているような感覚で使えます。

リラ社は、大好きなメーカーで長女の筆箱の中にはリラ社の鉛筆が何本か入ってます。

IMG_6598[1]

ホルダーもちゃんと収まりました。
写真の青い鉛筆もリラ製。丸く くり抜いてある部分に指を当てるようになってます。
△の形なので、鉛筆の持ち方の練習にもってこい!

芯は柔らかくて、とても書きやすいの。ただ、普通の鉛筆より太いので専用の鉛筆削りでないとダメ。
長女の筆箱にもちゃんと専用の鉛筆削りが入ってます。

もう一つ、
IMG_6586[1]

リラ社のファルビーです。
これまた三角形で木製の色鉛筆。
芯には蜜蝋が入っており、色の発色は抜群。力を入れなくても綺麗に色を塗ることが出来るの。

上記の鉛筆たちは ドイツの シュタイナー教育で活躍している文具の一つ。

お値段は高めだけど、子供達に自然で出来ているものを使って欲しく
購入しました。

余談だけど以前いた幼稚園で、シュタイナー教育を取り入れた保育をしていたため
卒園しても転園しても、出来る事はお家でも実践しています。

とってもおススメな鉛筆です!


  1. 暮らしの道具
  2. | comment:0




無垢の杉板 :: 2011/06/14(Tue)
先日、大工の関根さんからフローリングの切れ端を頂きました!
IMG_6575[1] IMG_6574[1]

こちら、2階の床、フローリングに張ってある無垢の杉板です。
厚さは40mm(4cm)かなり分厚いです。
杉のいいところは、暖かいということ。真冬素足で歩いても冷たさを感じません。
デメリットは・・・キズがつきやすいところでしょうか?

凹 凸の部分にはめ込んでつなげていきます。

写真左が床の上(歩く面)、右の赤みのあるのが裏になります。
年輪の向きが違うのが分かりますね。

なぜ、この向きかと申しますと、
フローリングは乾燥すると、年輪に逆らってソリます。
そうすると、裏の面の表面がめくれてきて歩くととげが刺さるんだって。

なので、フローリングは年輪の中心が下になるように張るんだそうです。
うまく説明できないんだけど木って本当に奥が深い。

大工さんや、設計さんとお話をしていると木の事やお家の造りに付いて
教えてくれて勉強になります。
たまに、難しくなると右から左へ~に抜けていきます (笑)

因みに1階の床は檜の無垢材を張ります。
床暖をするので、かなりのソリと隙間ができることでしょう。
これも、天然の木ならではの事。
なんだか、楽しみ!


さて、お家に持ち帰った杉板ですが、
子供達は大喜び!

おままごとキッチンの仲間入りをしました。

贅沢なまな板です。

IMG_6569[1]

新居へ引っ越すまで封印するはずのキッチンですが、我慢できずオープン!
おままごとに使うなんて勿体無いぐらいです。

関根さんありがとうございました








テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

  1. 家のこと
  2. | comment:0




羽化したよ :: 2011/06/13(Mon)
昨日で40回目の誕生日を迎えた、とがさちです。
とうとうこの日が来ちゃった・・・という感じ。

どよよ~んとしている私を見て、子供達は 「30歳だと思えば大丈夫だよ」と
慰めてくれたけど、余り嬉しくない。

さて、そんな日に何と何と あの虫嫌いな幼稚園から 出戻り したあおむし達が羽化しました。
40才に落ち込んでいたので、嬉しい!!

CA6KQOKN.jpg

あおむしからモンシロチョウになるまでの過程を初めて見れて感動。
まさに40にして知る・・・といった感じ。

幼稚園のお友達にも羽化する瞬間を見せたかったなぁ~

先生、図鑑で教えるより本物を見て過程を
知る事が大事なんだよ。
ま、虫嫌いな先生に何を言ってもダメだと思うけど

IMG_6563[1]

羽を乾かしたあと、モンシロチョウは元気良く空へ飛んでいきました。
元気でねぇ~


テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

  1. 子供たち
  2. | comment:0




まど :: 2011/06/07(Tue)
久しぶりに家の様子をUPします。
屋根も乗っかって、壁もついてサッシが付きました!

IMG_6531[1]
こちらは1階リビング南側の窓。

私の夢でもあった「木枠の窓」は予算の都合で諦めました
なので、木窓風のサッシの色にしてみました。
サッシの幅は一間半。畳1枚と半分の長さです。
大きなほうが開放感あっていい!と思ったけど、前の家の壁しか見えないじゃん(泣)
プライバシーの都合上、画像処理してあります。

IMG_6470[1]

リビング東側窓。
この窓の下にはデスクを作ってもらいます。そのため明り取りに小さな窓を作ってもらいました。
大工さん曰く、「ここは穴を開けたくなかったんだよね」と。
筋交いが入っているため、強度の関係上穴を開けたくないらしい。

IMG_6479[1]
外から見るとこんな感じ。
こちら、玄関のポーチ。向かって右が玄関に・・・。

IMG_6532[1]
1階、和室

L字の窓です。家の中から借景が見えるように希望したところ窓を付けてくれました。
と言っても、見えるのは隣の家の車。しかも馬鹿でかく色は紫
こちらの窓には猫間障子が入るので、車は隠れるかな



IMG_6530[1]
お次は玄関のポーチ。
先ほどの窓の左側になりますね。
玄関が死角になるといけないので、人の気配が分かる程度にくり抜いてもらいました。
こちらも、筋交いが入っているので避けて作ってあります。
大工さん上手に作るんだよねぇ~。凄い!
ここに小さな鉢植えのお花なんか飾ったら可愛いと思うけど、
残念ながらガーデニング苦手。

IMG_6536[1]
二階の窓も付いたよ。
ベランダは木の手すりが付きます。


窓が付いたので大工さん、帰宅するときに全てに鍵をかけます。
知らずに、日曜日行ったら入れなくて焦った!!
仕方なく・・・壁の隙間から手を伸ばして鍵を開けて侵入。
まるで泥棒。


テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

  1. 家のこと
  2. | comment:0




あお虫 :: 2011/06/02(Thu)
おじいちゃんが、畑からあおむしを持ってきてくれたので
次女が幼稚園に持って行ったの。
でも、残念ながら先生に飼えないと返されてしまった。


門番の先生に「青虫持ってきたの!」と嬉しそうに出したら
先生、顔が引きつってた。とうか仰け反った。

先生は「今まで飼った前例がなく、担任の先生も虫は苦手なので相談してみます」と。
青虫ごときで相談?。

次女の顔をチラッと見ると今にも泣き出しそう。
自慢げに突き出した 虫かごも後ろに隠してる。

先生さ~
子供の居る前で虫が苦手だからとか言っちゃダメでしょ・・。
子供の心を踏みねじるような言動はやめて欲しい。

とりあえず、あおむしは次女と一緒にお教室へ。
園庭で遊んでいた子供達はワラワラ集まってきて、あおむしに興味津々。


午後、お迎えに行くと案の定、虫かごを持った次女が下駄箱に居ました。
もう、どよよ~んな顔つき。やっぱり、飼えなかったか・・・。

担任に、お話を伺ったところ、前例が無いのと虫が苦手だからちょっと無理と言われた。
やっぱりそれなんだ?


虫嫌いな先生とは裏腹に子供達はあおむしを見て喜んだらしく、
みんなで、触ったり眺めたりしたそう。

でもねモンシロチョウになるのを知らない子が多く、ご丁寧に先生は図鑑を見せて説明したらしい。
説明してくれたのは、いいけど
目の前に本物の青虫がいるのに・・図鑑ってどうなのよ。


前の幼稚園は、ザリガニやカタツムリ、カメ、ウサギ、鶏、色々な小動物を飼っていたの。
カイコも飼ってまゆにしたり、ヤゴを捕ってきてはトンボに孵した事も。
おかげで、うちの子供たちは昆虫や草花には本当に詳しくなった。

園児が道端で見つけたバッタや昆虫も快く、受け取ってくれて
みんなで一緒に飼育して観察して絵を描いたり。
そんな環境だったので、当たり前のように持っていったんだよね。

帰り道、次女に「これが普通の幼稚園なの?前の幼稚園は変わっていたのかな?」って聞かれた。
子供ながらに、今までと違うって分かるんだろうね。
勿論、私は 変わってるどころか素敵な幼稚園だったよ。って言ったんだけどね。 

所変われば品変わる?じゃないけど、幼稚園も色々あるんだなぁ~と痛感。
郷に入っては郷に従えなのかもしれないね。
もう、何も持っていくのはやめようっと。

次女は、幼稚園楽しくない・・・って毎日言ってくる。
前の幼稚園に戻りたいって・・・トホホ。

引っ越しをして幼稚園を変えてしまったこと ほんのちょっぴり後悔してしまった。

持ち帰ったあおむしは、我家で大切に育ててます。
モンシロチョウになったら逃がしてあげよう・・・・・。


前の幼稚園と今の幼稚園のおもちゃを紹介
CA66SRGB.jpg
全て木で出来てます。お人形は先生の手作り。

CA391W01.jpg
今の幼稚園。

おもちゃもやっぱり園によって違うのよね・・・。
残念









テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

  1. 幼稚園
  2. | comment:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。